【公式】不動産の購入・賃貸情報サイト|イオンハウジング > イオンハウジングのブログ一覧 > 不動産投資の際に団体信用生命保険に加入するメリットや注意点

不動産投資の際に団体信用生命保険に加入するメリットや注意点

≪ 前へ|不動産売却後の確定申告が必要なケースとは?必要書類や申告期間もご紹介   記事一覧   空き家でも防犯対策は必要?空き家に潜む危険性や防犯対策をご紹介!|次へ ≫
カテゴリ:売買

不動産投資の際に団体信用生命保険に加入するメリットや注意点

居住用に一戸建てやマンションなどの不動産を購入する際、住宅ローンを利用する場合に同時に加入が求められる団体信用生命保険。
この保険は、住宅を購入したことがある方なら馴染みのあるものだと思いますが、それでは不動産投資の際はどうなのでしょうか?
不動産投資を始めたい、という方や何から始めたら良いかわからないという場合には、この保険に加入する必要性もわかりづらく、すぐに行動に移すことはできませんよね。
そこで今回は、団体信用生命保険とはそもそも何なのか、そして加入するメリットと注意点についてもご紹介していきます。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

団体信用生命保険とは

団体信用生命保険とは

まず、そもそもですがこの団体信用生命保険とはどのようなことを補償してくれる保険なのでしょうか?
名前に生命保険、とついていることから命に関わる何かが起きたときに保証してくれるものであることはすぐにわかると思いますが、なぜ不動産とここまで密接に関係しているのか気になりますよね。
通常、生命保険というものは、加入者が病気になってしまったことによる治療費や入院費を保証したり、万が一亡くなったときに遺族への補償として支払われることになります。
それと同じで、団体信用生命保険の場合にも、加入者の命に関わる問題が起きたときに保証金が支払われるという流れには変わりありません。
それでは他の違いはどこにあるのでしょうか?
この団信とも呼ばれる保険は、住宅ローンとセットで加入することで、もし契約者が病気になった場合や亡くなって残債を支払えない状況になってしまったときに、残債をすべて肩代わりしてくれるものになります。
そのため、基本的には住宅ローンに加入する際にセット加入を必須条件とされることが多いのです。
もし支払えなくなって困るのは契約者だけに限らず、債権者となる金融機関にとっても団信の補償があるのとないのとでは負担に大きな差があります。
さて、住宅ローンとは基本的には居住用の住宅を購入する際に契約することが多いと思いますが、それでは不動産投資の場合にはどうなのでしょうか?
投資で物件を購入する際でも、基本的にはそのほかの目的と流れは変わりませんよね。
そしてさらに、投資家として契約をしているローンの支払いができなくなってしまったとき、その投資額や自己資金、または家族の資金から返済を続けることになってしまいます。
そんな事態を避けるためにも、投資の場合でも団信は非常に有効で、必須とまではいかなくとも、ローンとのセット加入を進めている金融機関は多いです。
売買契約時には若く、ローン返済までに病気をしないといった自信があったとしても、いつ何が起こるかわからないというのが現実です。
団信に加入していた不動産の場合には、もし契約していた本人が亡くなった場合でも残債はすべて保証金によって賄われるため、残された家族には遺産として家賃収入がそのまま入ってくることになります。
つまり、自分だけでなく、むしろ周りの家族の負担となってしまう可能性をなくすことができるのです。
万が一のことを考えて、先回りして対策をしておくことが、投資においても重要なのではないでしょうか。
以上が団体信用生命保険の仕組みになります。
もちろん、保険なので月々に支払う額は加入しない場合と比べると高くなりますが、後から保証してもらえることを考えれば然るべきコストだと言えるでしょう。

団体信用生命保険のメリット

団体信用生命保険のメリット

さて、ここまでは具体的な団信の実態について、具体例と合わせてご紹介してきましたが、実際に加入することのメリットについて知らないとなかなか入る気にならないという方もいるかもしれません。
住宅ローンの場合には、加入自体が半ば強制というような面もあるので、あまり深く考えずに契約を済ませる方が多いですが、選択できる場合にはより慎重になる必要があります。
不動産投資の場合にはとくに、リスクと、自分が支払い続けなければいけないコストを天秤にかけてより自分に適した方法を選択したいですよね。
そこでここからは、団信に加入することで、契約者が得られるメリットについてわかりやすくご紹介していきます。
まず、一番のメリットとも言えるのが、投資のリスクを大幅に下げることができることです。
これは先ほど、そもそも団信とはなんなのかについてご紹介した際にも触れましたが、この保険に加入しておくことで、もし返済が難しくなってしまったときに、家族にかける負担をなくすことができます。
不動産に限らずですが、基本的にローンや借金などは、もし契約者が亡くなった場合には債務者がその親族にうつることになり、それに悩まされる方も少なくありません。
しかし、団信に加入しておくことでその心配はなくなると言っても過言ではありませんので、結果的に失敗するリスクも減らすことができるというのは大きな利点と言えるでしょう。
そしてそれに付随したもう1つのメリットが、家族に反対されにくいということです。
投資をする場合には、支払ったコストに対して返ってくるものが見えにくいため、なかなか周りに理解してもらえないという難点があります。
しかし、リスクを減らすことができるという点や、万が一の補償をしてもらえるという点から家族にも説明がしやすく、また納得してもらいやすいのが特徴です。
当然ですが、安心できる要素が多い方が契約者本人にとっても、契約者を支える家族にとっても重要なポイントです。
次に外せない利点として挙げられるのが、キャッシュフローを増やすことができるという点です。
まだこれから投資を考えているという場合にはあまり聞き馴染みのない言葉かもしれないので、ご紹介しておくと、キャッシュフローとは投資において年間で投資家の手元に入る金額のことを指します。
キャッシュフローの計算方法は、1年間の場合には、家賃収入×(1-空室率)-1年間の維持費や管理費-1年間の返済額-固定資産税や都市計画税など、不動産所有によって支払う税金、になります。
なぜ加入することによって手元に残る金額が増えるかというと、亡くなってからの残債をすべて保険の保証金から支払われることになるため、長い目で見ると返済額に差が出てくるのです。
このメリットは、すぐに目に見えて変わる、というよりはトータルで見た時の違いになるので、利点であると同時に慎重に見極める必要があるとも言えます。

団体信用生命保険の注意点

団体信用生命保険の注意点

団信について、そしてメリットについて知ると、入る方が圧倒的に良い点が多いように感じますが、かえって注意しておかなくてはいけないポイントにはどのようなことがあるのでしょうか?
まず、1つ目の注意点として、加入することによって、そのほかの保険料などとの兼ね合いで、支払いが増えてしまうリスクがあるということです。
団信に加入することで生命保険は賄うことができるため、もし他にも加入している保険がある場合には、この機会に見直しすることをおすすめします。
また、加入の際の条件として、年齢を見られたり、もしくは持病がないかどうかなどの健康状態の程度を限定されていることがあります。
これは基本的に他の生命保険とほとんど変わらないポイントですので、加入する場合には条件について今一度しっかりと目を通しておくようにすればそこまで問題はないでしょう。

まとめ

不動産投資のために物件を購入する際に団体信用生命保険に加入するメリットや注意点についてご紹介してきました。
投資の場合は、通常の購入とは異なりさまざまなリスクやコストを含んでいると言えます。
どの方法が自分にあっているのかを見極めながら、より安定した投資計画を立てるうえでの参考にしてもらえたらと思います。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売却後の確定申告が必要なケースとは?必要書類や申告期間もご紹介   記事一覧   空き家でも防犯対策は必要?空き家に潜む危険性や防犯対策をご紹介!|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0