【公式】不動産の購入・賃貸情報サイト|イオンハウジング > イオンハウジングのブログ一覧 > 20坪・30坪・40坪の土地に建てられる建物の広さについてご紹介

20坪・30坪・40坪の土地に建てられる建物の広さについてご紹介

≪ 前へ|2人暮らしに最適な部屋の広さは?40㎡・50㎡・60㎡の広さ別にご紹介   記事一覧   木造という建物構造とは?メリットやデメリットなども解説|次へ ≫
カテゴリ:売買

20坪・30坪・40坪の土地に建てられる建物の広さについてご紹介

坪数によって建てられる建物の広さは異なります。
また、「坪」という単位はよく耳にすることがあると思いますが、実際に面積を把握している方は少ないのではないでしょうか。
ここで具体的なイメージができないと、間取りや譲れない条件なども具体的に伝えることが難しくなります。
そこで今回は、20坪・30坪・40坪の土地の面積や、建てられる建物の広さについてご紹介します。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

20坪の土地に建てられる建物の広さとは

20坪の土地に建てられる建物の広さとは

そもそも20坪の土地とはどれくらいの広さなのでしょうか。

土地の面積

1坪は1間×1間の正方形で表されます。
1間とは6尺であり、1尺が約30.3㎝です。
これをもとに計算すると、1坪が約3.3㎡であるため、20坪は約66㎡ということになります。
また、66㎡を畳換算すると約40畳くらいになります。
66㎡というと、一般的な小学校の教室が約63〜64㎡であるため、そう考えると想像がつきやすいかもしれません。
基本的に15坪以下の土地を「狭小住宅」と呼びますが、20坪あれば暮らす人数にもよりますが比較的余裕を持った暮らしができるため、狭小住宅には含まれないでしょう。

建物の大きさ

同じ敷地面積であっても、「建ぺい率」や「容積率」が建物の形状や用途地域によって異なります。
建ぺい率とは、建物を建てられる割合のことで、30%〜80%の間と定められています。
そのため、20坪の場合は最大52.8㎡の建物を建てることが可能です。
容積率とは、敷地面積に対する延床面積の割合のことで、延床面積によって算出されます。
たとえば、20坪で容積率が100%の場合は、1階を52.8㎡とすると2階は13.2㎡しか残りません。
しかし、建ぺい率50%の3階建住宅を建てる場合は、容積率が150%あれば、めいっぱい利用することができます。

間取り

20坪あれば、平屋でも窮屈に感じることはないでしょう。
たとえば、定年退職後に夫婦2人で暮らす場合は、2LDKと収納くらいでゆったりと暮らすことができます。
2人暮らしであれば十分な間取りで、階段がないためバリアフリー効果もあります。
しかし、子どもがいる家庭だと平屋では少し窮屈に感じるかもしれません。
その場合は、2階建てや3階建ての住宅もおすすめです。
2階建住宅の場合は、1階にリビング・ダイニング・キッチンと和室を設け、2階に個室を4部屋設けることで、家族それぞれが部屋を持つことができます。
2階は1部屋ごとの面積が狭くなりますが、5LDKの間取りが実現します。
また、3階建住宅の場合は、1階にリビング・ダイニング・キッチン、2階に夫婦の寝室や収納、3階に子ども部屋を2部屋と収納という間取りが可能です。
土地ごとに決められている容積率によって異なりますが、20坪くらいであれば2階建住宅を希望する方が多い傾向にあります。
収納スペースが必要であれば、屋根裏部屋や階段下に収納スペースを設けるのも良いでしょう。

30坪の土地に建てられる建物の広さとは

30坪の土地に建てられる建物の広さとは

30坪になるとどのような変化があるのでしょうか。

土地の面積

1坪が約3.3㎡であることを考慮すると、30坪の面積は約99㎡となります。
そして、99㎡を畳換算すると約61畳になります。
99㎡というと、柔道の試合の際に使用される試合場の1つ分が約100㎡であるため、同じくらいの広さをイメージするとわかりやすいかもしれません。

生活空間の工夫

デザイン性や実用性を兼ね備えた生活空間における工夫を3つご紹介します。
1つ目は、天窓や吹き抜けの設置です。
開放的な空間を実現させるには、天窓や吹き抜けを設け光を取り入れることが重要になります。
天窓は、密集地でも採光を得やすくなるため有効的な方法です。
また、吹き抜けにすることで天井高が上がるため、圧迫感の感じない部屋になります。
2階にリビングがある場合は、屋根の傾斜を生かした勾配天井にするだけで、おしゃれな空間ができあがります。
2つ目は、ロフトや屋根裏部屋の設置です。
ロフトとは、縦の空間を利用し収納スペースや省スペースとして多目的に使用できる空間のことです。
天窓や吹き抜けなどとの相性も良く、天井高1.4m以下でその部屋の床面積の半分未満の面積であれば、床面積に加算されないため効率的な空間活用が可能となります。
3つ目は、収納空間の確保です。
物が収納されているだけで、実際よりも広く感じることができます。
そのため、階段下や小上がり、中二階などのデッドスペースを収納空間として活用するのがおすすめです。

間取り

30坪の土地に建ぺい率50%で家を建てると仮定してシミュレーションをしてみましょう。
まずは、床面積がそれぞれ16坪ずつの2階建住宅です。
1階に夫婦の寝室と子ども部屋2部屋、日当たり重視で2階にリビング・ダイニング・キッチンを設けた3LDKの間取りとなります。
また、リビングに和室を設置することで、4LDKのプランも可能です。
さらに、駐車場が確保しにくい場合は、1階部分に駐車場を設け住宅と一体型になったビルトインガレージもおすすめです。
土地を有効活用できるだけでなく、雨の日でも濡れることなく部屋に入ることができます。

40坪の土地に建てられる建物の広さとは

40坪の土地に建てられる建物の広さとは

最後に40坪の広さや間取りについてご紹介します。

土地の面積

40坪の面積は約132㎡で、畳換算すると約81畳ということになります。
132㎡というと、バスケットボールコートの3分の1くらいの面積と同じくらいになるため、そのくらいの広さをイメージすると良いでしょう。

生活空間の工夫

40坪ならではの生活空間の工夫を3つご紹介します。
1つ目は、勾配天井を活用した吹き抜けです。
40坪になると、その広い空間を生かして勾配天井や吹き抜けを希望するという方も多いです。
しかし、天井裏がないため冷暖房の効きも悪く、断熱管理なども合わせて工夫が必要になるでしょう。
2つ目は、リフォームを想定した設計をするのがポイントです。
吹き抜けを設置することで、その部分は部屋として活用することができません。
そこで、初めからリフォームを想定し将来的に部屋が必要となった場合は、吹き抜け部分をふさいで部屋にしてしまうのも一つの手です。
3つ目は、家具の大きさについてです。
狭小住宅のような場合は、スペースが限られているため、家電や家具を購入する際に寸法を測るなど気を付けると思います。
しかし、40坪という広さがあるため大きめの家具を購入してしまうケースも少なくありません。
設計段階で大きめの家具や家電が把握できていれば、内装前の搬入や階段の手すりは家具がそろったうえで後付けするなどといった対策を取ることができるため、相談しておくと良いでしょう。

間取り

40坪あると、建物だけでなく屋外にもゆとりを持たせることができます。
たとえば、4LDKの間取りに庭、駐車場2台分のスペースを確保することが可能です。
また、屋内重視で面積を取りたい場合は、4LDKでアイランドキッチンを設けることもできます。
さらに、キッチンや浴室、トイレを2つずつ設けることで、二世帯で住むこともできるでしょう。

まとめ

20坪は40畳くらいの広さで、建物の大きさは建ぺい率や容積率によって異なりますが、人数によっては窮屈に感じるかもしれません。
30坪は61畳程度ですが、駐車場スペースがない場合はビルトインガレージがおすすめです。
40坪は81畳程度で、建物だけでなく庭や駐車場などにもスペースを確保することができます。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|2人暮らしに最適な部屋の広さは?40㎡・50㎡・60㎡の広さ別にご紹介   記事一覧   木造という建物構造とは?メリットやデメリットなども解説|次へ ≫