住まい探しのコンパス | 老後やお子様などライフプランをお考えの方

ライフプランの基本

憧れのマイホームを購入する際に考えたいのが、年代ごとに変化していく様々な出費です。ご結婚されお子様ができると独身や結婚当初から生活は一変、収入の増加と共にお子様の進学、その先には相続やご自身の退職など、将来像が次第にはっきりと定まってきます。
ライフプランを考える基本には、こうした年代別に適した対策や取り組みを考えなくていくことが大切です。

お子様の成長と共に出費は加速度的に増加

[画像]早い時期から計画的なプランを

  • 進学に伴う塾などの教育費についても吟味する必要がある
  • マイホームも家族の増加に伴い見直す必要がある
  • 親との同居や介護などを考える時期がくる
  • 保険以外に不意の病気などに備えた貯蓄も考える必要がある
  • 贈与や貯蓄額に応じた資金計画、年金や相続についても考える必要がある
  • 日々、充実した生活を送るための余裕も欲しい

理想的なライフプランを考える

20~30歳代:若いうちに無理のないローンを考える
  • 結婚や出産などを踏まえた新居のプランを考える時期です。同時に、お子様の誕生から数年後に必要な進学などの準備資金もこの時期にキチンとプランを練ることが大切です。
  • 退職までの長期間ローンが組め、月々の返済額も調整しやすくなるため、目先の金利の低さだけに惑わされず、固定期間の長いタイプを選ぶことも1つの選択肢として考えておきましょう。
  • 注意点としては、あれこれ選択肢が増えたことで、せっかくの買い時を逃してしまわないよう優先事項や期限をキチンと決めることも大切です。
30~40歳代:子供の成長など次のステップを考える
  • お子様の進学やご家族の増加など、全てにおいて成長が著しい時期です。収入的にも増加傾向にあり、ご家族が快適に過ごせる『理想の住まいづくり』の最も大切なタイミングです。
  • 賃貸/購入、一戸建て/マンションの選択肢は、これからのご家族のライフスタイルに大きく影響します。親からの贈与や現在の貯蓄額などを合わせた資金の準備、この先の将来像を考えた上でのマイホーム購入を考えることが大切です。
  • お子様の教育費は、その成長と共に年々増加します。住宅ローンと併せて無理のない月々の支払額を考える必要があります。
40~50歳代以上: 相続や退職を含めて考える
  • シニアと呼べる時代に入り収入的にもピークを越えています。また、ご家族の成長と共にご両親のご病気などによる介護や、年金や相続などを考える時期にも入ります。
  • 老後の豊かな生活のために二世帯住宅やマンションの購入、お子様が独立後のリフォームなど、マイホームプランも第二世代を迎えます。定年退職までの期間が限られてきており、住宅ローンを組む場合は、老後の余裕資金などを考えた上で支払回数などを考える必要があります。
  • 相続や介護には想定外の労力や費用が発生する場合がありますので十分な情報収集や事前相談を行い無理のないライフプランを練ることが大切です。

イオンハウジングの強み

イオンハウジングはイオングループだからできる「毎日の生活」を便利に、お得に、そして安心してご利用いただける多様なサービス・ノウハウを活かした、「お客さまのための最適なライフプラン」をご提案いたします。

ページの先頭へ