住まい探しのコンパス | 一戸建てに興味・ニーズがある

vol.1 はじめての一戸建て

憧れの一戸建て

一戸建てはマンションやアパートのように、隣人と共有する集合住宅ではなく、完全に自分だけの独立した空間に家を持てることから、満足感が高いのが大きな特長です。

新築と中古どちらを選ぶ?

一戸建てもマンションと同じく、「新築」「中古」という選択肢があります。同じような間取りであれば中古のほうが価格的に有利ですが、新築は自分が最初のオーナーであるという満足感や、10年保証や減税など数多くのメリットがあります。なお、新築物件には「分譲住宅」と「注文住宅」があります。

一戸建てを選ぶポイント

[画像]一戸建てを選ぶポイント
  • 建物だけでなく、土地自体も自分が所有できる
  • 建物の増築や改築、リフォームなどが自由にできる
  • 敷地内に庭や駐車場スペースがある
  • 管理費や修繕積立金などがかからない

上記のようなメリットがある反面、マンションに比べる駅からのアクセスが悪かったり、建物や周辺の掃除・メンテナンスなどは自分で管理しなければならないなど課題もあります。また、立地優先の物件では、庭や駐車場スペースがない場合もあります。

分譲住宅と注文住宅の違い

分譲住宅と、注文住宅は下記のような違いがあります。

A 分譲住宅
  • 家自体の基本設計や間取りは、推奨プランが用意されている

[画像]A 分譲住宅

分譲住宅は、不動産会社や建売分譲業者が、土地の上に家を新築してセットで販売を行う住宅を指します。家が建っていない「未完成住宅」と、既に家が建っている「完成住宅」の2つがありますが、基本的には「完成住宅」が大半を占めます。
建物面積や設備、間取りなど基本的な設計変更はできませんが、その分購入価格が明確でリーズナブルなのがポイントです。

B 注文住宅(土地購入+自由設計)
  • 土地を買った後、自分で選んだ施工会社に家を建ててもらう
  • 家を建てる時期を自分で決定でき、好きなデザイン、間取りの家が建てられる

[画像]B 注文住宅

注文住宅は、建築士に建物自体の設計を依頼、実際の家の建築は施工会社と契約を結んで建ててもらう住宅を指します。
土地は「建築条件無し」と「建築条件付き」の2通りがあり、「建築条件付き」の場合、施工会社は予め指定され、家自体を建てる期間も限定されるので注意が必要です。

<建築条件付きの土地とは>

家を建てるまでの期間や施工会社が決められた土地を指します。自分が希望するハウスメーカーや工務店に建築を依頼することはできませんが、間取りや設備仕様などは希望通りの建築が可能です。 間取りや設備などを最優先したいとお考えの場合は、分譲住宅よりもメリットが大きくなります。

次回コンテンツでは、より具体的なチェックポイントをステップごとにお届けします。

イオンハウジングの強み

イオンハウジングはイオングループだからできる「毎日の生活」を便利に、お得に、そして安心してご利用いただける多様なサービス・ノウハウを活かした、「お客さまのための最適なライフプラン」をご提案いたします。

ページの先頭へ