【公式】不動産の購入・賃貸情報サイト|イオンハウジング > イオンハウジングのブログ一覧 > 賃貸物件で起こりうる!設備・近隣住民・原状回復によるトラブルをご紹介

賃貸物件で起こりうる!設備・近隣住民・原状回復によるトラブルをご紹介

≪ 前へ|採用募集(イオンモール直営店舗)   記事一覧   マイホームを購入する前に知っておこう!購入時の流れや注意点について解説|次へ ≫
カテゴリ:賃貸

賃貸物件で起こりうる!設備・近隣住民・原状回復によるトラブルをご紹介

賃貸物件に住んでいくと、「設備を故障させてしまった」、「近隣住民と騒音で揉めた」などのトラブルが起こることもあります。
しかし、そのようなトラブルに直面した際、「どのような対処をおこなえば良いのか」「費用負担は誰となってしまうのか」など不明な点が多くでてきますよね。
そこで、本記事では賃貸物件における設備、近隣住民、原状回復それぞれのトラブルについて解説します。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

賃貸物件における「設備」に関するトラブル

賃貸物件における「設備」に関するトラブル

賃貸物件の多くには、エアコンやガスコンロなどいくつかの備え付け設備があります。
それら設備が故障した場合、どのようなトラブルとなるのでしょうか。
トラブル例と対処法、費用負担者について確認してみましょう。

賃貸物件における設備故障のトラブル例

設備を何らかの理由で故障させてしまった場合、まずは設備が「備え付け」と「残置物」のどちらであるかを確認することが必要です。
残置物とは、前の居住者が引っ越し後に置いたままにしている物を指し、賃貸物件ではエアコンや照明器具が多く見られます。
残置物の所有権は、前の居住者から現在の居住者に移っているため、管理会社や不動産会社の所有物ではありません。
ですので、残置物が故障した際には居住者自身で修理もしくは廃棄することが必要になるのです。
しかし、備え付けの設備を勝手に修理をおこなってしまうと修繕費が自己負担となる可能性があります。
そして、自己負担となってしまったことで居住者と管理会社間でトラブルにつながる可能性があるのです。
また、備え付けの設備の故障原因が居住者の過失である場合も自己負担となります。
しかし、故障原因が過失であるかどうかの判別は非常に難しく、居住者と管理会社で意見が分かれるといったトラブルになりえるのです。

賃貸物件の設備が故障した際の対処法

設備が故障をした際には、まずは備え付けと残置物のどちらであるのかを確認することが必要とお伝えしました。
残置物であるかどうかは入居時にご説明され、賃貸借契約書にも記載されています。
もし、賃貸借契約書で不明な場合は不動産会社へ問い合わせをおこない、どちらであるのか判別をしましょう。
そして、備え付け設備であれば不動産会社へ故障の旨を伝え、残置物である場合は自分で修理もしくは廃棄をおこなうことが対処法です。
備え付け設備を自分で修理してしまうとさらなるトラブルとなり得るため、必ず管理会社もしくは不動産会社への連絡を最優先しましょう。

賃貸物件における設備故障の修理費用は誰が負担する?

賃貸物件における設備故障の修理費用は、場合によって負担者が異なります。
たとえば、以下のような場合は入居者負担となります。

●自分で修理をおこなった
●設備の故障を発見したにも関わらず放置し、症状を悪化させた
●乱暴な使い方や入居者が衝撃を与えて故障した


つまり、故障原因が入居者の過失であると、修理費用は入居者負担となります。
その逆に、設備が元々古く、経年劣化によって故障した場合は大家さんの負担となることが一般的です。

賃貸物件における「近隣住民」に関するトラブル

賃貸物件における「近隣住民」に関するトラブル

賃貸物件のほとんどにおいては、近隣に住んでいる人がいます。
とくに、マンションやアパートなど1つの賃貸物件に複数の世帯が居住する形態ではトラブルが起こりやすいものです。
近隣住民とどのようなトラブルになり得るかや対処法、費用負担について確認しておきましょう。

賃貸物件における近隣住民とのトラブル例

近隣住民と起こるトラブルとしては、以下のようなものがあります。

●生活音などによる騒音
●ゴミ出しの曜日を守らない
●ベランダで喫煙など共用部分のマナー


自分では気にならなくとも、近隣住民からすると迷惑であることがあります。
賃貸借契約書や法律で禁止されているものをおこなわないことは当然ですが、アラーム音など日常生活にも注意しておきましょう。
近隣住民と生じるトラブルは、管理会社や不動産会社を巻き込んだものになるだけではなく、最悪の場合は裁判となってしまうこともありますのでご注意ください。

賃貸物件において近隣住民とのトラブルが起きた際の対処法

もし、近隣住民の方から何らかの指摘を受けた場合は、どうすれば改善ができるのかをしっかりと考えていきましょう。
しかし、足音などの生活音はどうしても生じてしまい、それ以上改善ができないこともありますよね。
そのような場合は、これ以上の改善がおこなえないことを相手に伝え、お互いの妥協案をしっかりと話し合うことが必要です。
また、直接的にやり取りをおこなうとトラブルを悪化させてしまうことがあります。
同じマンションやアパートである場合は、不動産会社や管理会社を介することでトラブルの悪化を防ぐことができるので、直接的なやり取りは避けることをおすすめします。
管理会社や不動産会社が同一でない場合は、警察を介してやり取りすることも少なくありません。
また、自分がほかの近隣住民の音やマナーが気になるケースもあります。
この際も、不動産会社もしくは警察を介して相手に注意を促しましょう。

賃貸物件における近隣住民とのトラブルでかかる費用

設備の故障と違って近隣住民とのトラブルはかかる費用がなく、お互いが思いやりを持つことで解決します。
しかし、トラブルがこじれ続けると最終的には裁判となり、慰謝料を支払うこともあるものです。
慰謝料は決して安いものではないため、トラブルは早期にお互いが納得する形で解決することを進めていきましょう。

賃貸物件における「原状回復」に関するトラブル

賃貸物件における「原状回復」に関するトラブル

原状回復とは、お部屋の状態を借りたときと同様に戻すことを指します。
原状回復ではどのようなトラブルが起き、どのような費用がかかるのかを確認しておきましょう。

賃貸物件における原状回復のトラブル例

原状回復は、経年劣化や自然的な摩耗においては入居者でなく大家さんが負担します。
お部屋についている傷跡やカビなどの汚れが経年劣化であるのか、自然的な摩耗であるのかは退去点検時に担当者がおこなうのが一般的です。
しかし、その判断に納得がいかず、担当者とトラブルになることが原状回復に関するトラブル例としてあります。
また、原状回復の費用が高すぎるといったこともトラブル例として多いです。
こちらのトラブルは、管理会社と入居者の話し合いで解決していくことが必要になります。

賃貸物件における原状回復でトラブルとなったときの対処法

原状回復に関するトラブルは、傷や汚れの扱いに納得できないときに起こりますよね。
トラブルとしないためには、どの部分が原状回復が必要となっているのか、費用の内訳はどうなっているのかなど、細やかに聞いて納得することが必要です。
また、賃貸借契約書には「善管注意義務」が記載されており、どのような場合に原状回復の義務が生じるかを知ることが可能です。
賃貸物件の契約時には、契約書の内容を理解したうえで手続きを進めていきましょう。

賃貸物件における原状回復にかかる費用

原状回復にかかる費用は、どこを改善するのかでかかる費用がかなり異なるものです。
原状回復の例として多く挙げられる、壁の張り替え、フローリングの張り替えにかかる費用は以下のようになっています。

●壁の張り替え:3万円~4万円
●フローリングの張り替え:1万円~2万円


ただし、これら費用は原状回復をおこなう業者や原状回復の範囲によって変動します。
退去点検時に値段も一緒に伝えられますので、そちらの金額をしっかりと把握していくことが重要です。

まとめ

本記事では賃貸物件における設備、近隣住民、原状回復それぞれのトラブルについて解説しました。
これらのトラブルは、誰しもが直面する可能性があるものです。
トラブルを防ぐためには、トラブルの原因や対処法、かかる費用などを把握しておくことが大切です。

\お気軽にご相談ください!/

お問い合わせはこちら

≪ 前へ|採用募集(イオンモール直営店舗)   記事一覧   マイホームを購入する前に知っておこう!購入時の流れや注意点について解説|次へ ≫

タグ一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0